子供の頃、テレビはまだ白黒で一部の放送は画面の隅に「カラー」と誇らしげに書いてありました。技術の進歩はすばらしく、その頃は想像できなかった製品が身の周りにあふれています。しかし、時代はソフトが主役に躍り上がってハードは裏方になりつつあり、物作りを趣味としている種族は肩身の狭い思いをしています。この研究所は同じ思いを抱いている方がいることを願って、個人的技術興味の非系統的収集と開発結果を公開するために2000年4月設立しました。


あなたは、 番目の訪問者です!


TAIFUN BLIZZARD & DELPHIN (1958? Germany)



 正月休みももう終わりです。明日から仕事なので今日はおとなしく片付けをしていたのですが、昨年入手したこれが出てきました。

 Graupnerから販売されていたTAIFUNのディーゼルエンジンです。欧州は模型でもディーゼル好き?なので沢山ありますが、このマフラーが好きで購入してしまいました。エンジンは結構出てきますが、マフラー付きは珍しいです。薄板のプレス加工品で排気口はプラスチック製なので、一度でも使ってあると奇麗な状態で残る可能性は殆どありません。まあ外観だけなんですが、好きなものは仕方ありません。ボート用はごついエンジンマウントに乗っていて、リコイルスターターまで付いています。スクリューが渋すぎる。(1月7日)




新年明けまして、おめでとうございます。 (2018年)



 とうとう平成も30年です。何とか無事に年が越せました。
 どうやら人生も最終カーブを曲がったみたいですが、世の中はどうなって行くのでしょうか?
 めんどくさいですね。(1月1日)



SANYO CD-S451 (2001 Japan)



 
クリスマスイブに点検してもらったら乾燥しなくなった衣類乾燥機のその後です。

 頭に来てPanasonicに電話したら修理に来たのは12月29日。見てもらったら後ろのFANベルトが切れているとの事。クレーム付けた時点で予想していたらしく、交換用のベルトが用意してありました。交換したら動作OK!。電気系統の故障ならクソ文句を付けてやろうと待ち構えていたのですが、拍子抜けしてしまいました。まあ機械部品の故障なら仕方ないか。15年も使っているしね。

 出張費はタダになるけど修理費は9000円弱掛かるとのこと。高っけ〜!まだ請求書は来ていませんが。
 不思議な事ですが、点検直後にFANベルトが息絶えたみたいです。リコールの社告に目が留まったのは、こいつからの虫の知らせだったのでしょうか? もし点検してもらわなかったら間違いなく粗大ごみとして処分してたでしょうから。ベルトを交換したので当分は使えそうです。
 クリスマスイブの奇跡のような話でした



2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年

RC




普段使っている物です。
('01 4/1更新)
結構優れ物もあります。
('00 9/27更新)
お楽しみください。失敗は成功
の母です?('01 1/27更新)

('02 9/6 更新)

('00 11/24更新)

('10 2/8更新)


段々怪しげなコレクションが増えてきました。
('00 11/15更新)

1920年代から2000年まで幅広い
ラインアップです。
('01 5/6更新)



昭和初期のラジオ部品など、
かなり珍しい物もあります。('04 3/29更新)
とにかく見てください。('02 12/2更新)



ラジコン無線機関係。('02 12/11更新)





心にうつりゆくよしなしごとを、そこはかとなく書きつくれば


東洋一の軍港だった呉


27世紀のエンジン

昔々のお話('00 8/19)

DVDプレーヤーよなぜ?('01 2/4)

爆発事故('01 2/13)

100円ラジオ('01 8/25)

研究所長ご挨拶('00 12/2)

何か御用の方は  まで。
(画像になってます。お手数ですが手で打ち込んで下さい。)