子供の頃、テレビはまだ白黒で一部の放送は画面の隅に「カラー」と誇らしげに書いてありました。技術の進歩はすばらしく、その頃は想像できなかった製品が身の周りにあふれています。しかし、時代はソフトが主役に躍り上がってハードは裏方になりつつあり、物作りを趣味としている種族は肩身の狭い思いをしています。この研究所は同じ思いを抱いている方がいることを願って、個人的技術興味の非系統的収集と開発結果を公開するために2000年4月設立しました。


アクセスカウンター

Bonner Digimite8 (USA 1965)



 Bonnerって会社は不思議な会社で、それまではシングルのエスケープメントやリード式用のサーボしか作っていなかったのに いきなりデジタルプロポのセットを市販しました。ユニット化されたスティック機構やサーボは画期的で、自社のみならず各社に部品を供給しました。しかし、この後はDigimite4と4RS、6RSの3機種ですぐに力尽きました。不思議ですね??。
 Digimite8は元々電圧フィードバックサーボを想定して開発したようで、一応PPM変調ですがアナログ的な電圧として取り出せるような変な通信フォーマットになっています。ダグスプリングがパルス幅フィードバックのサーボを考案してDigiconを開発していた情報を知って、パルス幅フィードバックサーボが使えるように設計変更したみたいです。(DigiconのサーボはBonnerのDuramiteの部品使ってますし。)

 右の送信機はARMACO製のメーターが付いていていますから、もしかしたら最初の生産ロットかもしれません。送信機の底にシリアルNo.みたいなのが書いてありますが6410です。左の量産型?は6587。他には6536、6975って番号は見たことがあります。
 なんで全部最初は6で4桁しか無いの?シリアルNo.では無くてロットNo.なんですかね?

 Digimite8の回路は結構早く公開されたようで、日本の無線機にも影響を与えています。チミトロンのCD8はDigimite8を参考にして作られており、通信フォーマットが同じです。昔CD8のレストアに手古摺っていた時、CD8の送信機でDigimite8の受信機、サーボを動かしたことがあります。
 チミトロンも最初はアナログプロポを開発していたのですが、飛行機の着陸の衝撃でディスクリミネータのコイルが直ぐに断線すると困っていたらしいです。ある人がチミトロンの社長にデジタルプロポの原理を説明してあげたら、「こんな物はもう止めじゃ!」と言ってCD8の開発を始めたとか聞いたことがあります。(1月21日)



N.E.式壹號Cラジオ受信機 (Japan 192x)



 日本電気製の鉱石ラジオです。ちゃんとしたメーカー製の鉱石ラジオは珍しいので昨年末に衝動買いしてしまいました。

 Westinghouse Aeriola Jr.を日本電気がライセンス生産?したものらしいです。壹號AとBは日本電気オリジナルの型式証明ラジオと思います。Aeriola Jr.をベースにしていますが回路は若干異なっています。Aeriola Jr.には受信波長の切り替えスイッチはありませんがこれには切り替えスイッチがあって、短波長は200-300m、長波長は300-400mと切り替えます。極初期のラジオでは波長250-350mは受信禁止だったので、受信波長切り替えスイッチが必要でした。たぶんそのなごりと思います。




 Aeriola Jr.ともう一つ異なる点は鉱石検波器。写真でうまく撮れませんが右の鉱石は赤っぽいので閃亜鉛鉱と思います。対するもう一つの鉱石が不明ですが、鳥潟博士の発明した接合型鉱石検波器と思われます。残念ながら検波器としての機能は失われています。




 蓋の裏に貼ってある説明です。Aeriola Jr.を意識していますが回路図もありますし、日本電気のオリジナルです。

 残念ながら鉱石検波器が機能を失ってしますが、ゲルマニウムダイオードで代用したらちゃんとラジオとして聞けました。歴史遺産みたいなラジオなのでこのまま触らずに保管することにします。(1月7日)


新年明けましておめでとうございます。(2023年)

 新型コロナはしつこいですね。でもこれまでみたいにみんな気にしなくはなって来たようです。今年はマスクも要らなくなりませんかね?

 会社も再就職させてもらって嘱託で気楽に生活していたのですが、今年で辞めることにしました。気力と体力の衰えは隠せないので、生活環境を変えるのは最後のチャンスのような気がします。
 新しい住処を探して引っ越したいのですが、良い所ありませんかね?大量のガラクタはどうしよう?(1月1日)


2022年
2021年
2020年
2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年

RC




普段使っている物です。
('01 4/1更新)
結構優れ物もあります。
('00 9/27更新)
お楽しみください。失敗は成功
の母です?('01 1/27更新)

('02 9/6 更新)

('00 11/24更新)

('10 2/8更新)


段々怪しげなコレクションが増えてきました。
('00 11/15更新)

1920年代から2000年まで幅広い
ラインアップです。
('01 5/6更新)



昭和初期のラジオ部品など、
かなり珍しい物もあります。('04 3/29更新)
とにかく見てください。('02 12/2更新)



ラジコン無線機関係。('02 12/11更新)





心にうつりゆくよしなしごとを、そこはかとなく書きつくれば


東洋一の軍港だった呉


27世紀のエンジン

昔々のお話('00 8/19)

DVDプレーヤーよなぜ?('01 2/4)

爆発事故('01 2/13)

100円ラジオ('01 8/25)

研究所長ご挨拶('00 12/2)

何か御用の方は  まで。
(画像になってます。お手数ですが手で打ち込んで下さい。)