プロフィール
演目紹介
チャリティーきゃらばん
"つばさ"の歩み
ブログ
リンク
グッズ
BBS
お問い合わせ

・日産労連NPOセンター『ゆうらいふ21』による
  チャリティーきゃらばんの紹介です。


「日産労連NPOセンター『ゆうらいふ21』チャリティーきゃらばん」は、
施設へ直接訪問し、生の舞台を届ける全国キャラバンです。


 

 

          

 
★2018年 チャリティーきゃらばん始動★

今年で30周年を迎えた「チャリティーきゃらばん」
2/21大阪・交野市の「ワークハウスやわらぎ」にて
全国キャラバンがスタートしました。
今年も皆さまに夢と感動を届けてまいります!
3月は15(奈良)、20(滋賀)、28(滋賀)
4月は18(愛媛)23~25(神奈川)5月は九州へ。


全国の皆さん、待っててくださいね。

 
 
すでに3000回公演を越え、
約39万人の子どもたちを
中心とする数多くの方々に
楽しんでいただいております。

 

心身にハンディキャップを持つ人達に、いつまでも思い出にのこるような
生の舞台を楽しんでもらおうと、日産労連(全日産・一般業種労働組合連合会)は、
福祉基金(毎月組合員がひとり100円ずつ拠出)を設立し、
1976年から劇団四季のミュージカルへの招待観劇会
「クリスマスチャリティー公演」をおこなっています。


しかし、障害が重くて施設から外に出かける
ことが困難だったり、また 遠方だったりと、
  さまざまな理由で 劇場に行きたくとも
    行けない子どもたちが大勢います。
そんな子どもたちのもとを訪ね、生の
 人形劇を楽しんでもらおうと1989年から
  「日産労連チャリティー きゃらばん」が
    始まりました。年々、出会いの輪も
      全国にひろがり、たくさんの
       笑顔に出会いました。

2004年6月、こうした日産労連の福祉文化活動は、

さらに活動の輪を地域社会に広げ、充実させるために、

特定非営利活動法人日産労連NPOセンター『ゆうらいふ21』として

あらたにスタートしました。

 



日産労連チャリティーきゃらばんを見るともらえる、あつめて楽しいステッカー!