最先端歯科医療の選択ハードレーザー

ハードレーザー治療器具

レーザーは直進し、強いエネルギーをもつ効率の良い光です。

レーザー治療のイメージ図。

<<主な特徴>>

  • 1回の治療は、短時間で終わります。
  • 症状によっては少々の麻酔が必要です。
  • 出血も少なく、治りが早く、治療後の痛みがほとんどありません。
  • 禁忌がほとんどないので、妊婦や心臓疾患の方にも安全に使用できます

 歯科治療は原因菌との闘いですが、抗生物質だけに頼るのには限界があります。すべてのバイ菌に有効な薬は存在しないからです。
 熱を利用したハードレーザーと高周波はすべての細菌に有効で、ピンポイントに働きます。 しかもレーザーは健康な部分には作用しません。 それぞれの特性を生かして、より良い状態に改善することができる、大変有効な医療機器と言えます。

高周波治療

高周波治療器具

高周波治療は高い周波数の電気を利用して原因菌を発熱させて殺菌します。 人体は高い周波数の電流に対して感度が鈍くなるため危険は生じません。


高周波治療のイメージ図。

<<主な特徴>>

  • 1回の治療は、短時間で終わります。
  • 屈曲した場所、狭窄した場所の滅菌ができます。
  • やせてしまった顎の骨の再生が確認されています。
  • 痛みを和らげ、治ろうとする力を助けます。

 歯科治療は原因菌との闘いですが、抗生物質だけに頼るのには限界があります。すべてのバイ菌に有効な薬は存在しないからです。
 熱を利用したハードレーザーと高周波はすべての細菌に有効で、ピンポイントに働きます。 しかも高周波は細胞を賦活化し、生体が本来持っている自ら治そうとする力を活性化させます。 それぞれの特性を生かして、より良い状態に改善することができる、大変有効な医療機器と言えます。

義歯

入れ歯のイメージ図

歯を抜けた状態にしておくと、どうしても歯茎が下がったり、健康な歯が倒れてきたり、 見た目だけでなく噛み合わせも悪くなります。 なるべくブリッジや入れ歯をつけたほうがいいと言われています。 入れ歯は保険適応ができるものから、見た目や使用感を重視した保険適応外のものまで様々です。

少しでも要望などがありましたら、気軽にご相談ください。

大口式インプラント法

骨をドリルで削らない新しいインプラント法で、今話題になっています。
骨をほとんど削らないため、痛みも出血も少なく、術後の腫れも少ない、より安心・安全な治療法です。
ドリルで削らないので、体への負担が少ないだけでなく、術中の振動や音も少なく、不安や恐怖も少ない治療法です。

大口式インプラントの施術手順


OAM(大口式)インプラント法、大口式インプラント法は医学博士・大口博先生が考案、開発した、 骨をドリルで削らないインプラント法です。
大口先生は名古屋市立大学元・客員教授で岐阜、愛知でご開業の歯科医師です。

Copyright(c) 2013-2019 Kagomachi Hironaka Dental Clinic. All Rights Reserved. Design by office rete