★「相対音感」をつけてみませんか!

◆見えるように音が分かる、楽譜が無くても演奏出来る!◆
★そんな強力な「耳」を叶える音感教材のご案内!★
★音感は音楽活動に不可欠な基本的能力です★

相対音感とは、音楽の階名(それぞれの調でのドレミ)が分かる音感のことです。
この音感は、調によってドレミ(階名)の実際の高さが移動するため、「移動ド」の音感
とも言われています。
(例えば「きらきら星」を聞いたとき、何調であっても「ドドソソララソ・・・」と聞こえる聴感覚
が相対音感です。絶対音感・固定ド系統の音感の人は、ハ長調以外の調、例えばト長調
では「ソソレレミミレ・・・・」、ヘ長調では「ファファドドレレド・・・」と聞こえます。)
相対音感を訓練すれば、調性内のすべての音階音はもちろん、変化音(♯や♭などで
変化した音)や大きな跳躍音も反射的に階名で認識・記憶・再現・記譜ができるよう
になります。
さらに相対音感での音の読み方(階名)は、調によって変わらないため、ある程度練習
すれば、即座にいろいろな調で移調演奏することも出来るようになります。
相対音感の最大のメリットは、音感そのものが調性(音階)と結びついているため、
音楽を非常に有機的・有意味的に把握できる
と言うことにあります。音感が音楽の
成り立ちの根幹と結びついていることは、音楽表現においても大きな力になります。
逆に、相対音感の問題点は、ハ長調やイ短調以外の調において、譜読みや記譜が
困難になるということです。ただ、この問題は、ひとつずつ調をクリアしていくことで、
比較的容易に乗り越えられ、最終的にはすべての調の読み書きや演奏が出来るように
なります。
相対音感は何才からでも身につけることができます。
習得に臨界期がある絶対音感と違い、相対音感は何才からでも習得可能です。
また、完璧性が求められる絶対音感と違い、相対音感はそれぞれのレベル(進度)に応じて
有益です。身についたレベルに応じて、即実際の音楽に役立てていくことができます。
音楽と関わっていく上で「音感」はなくてはならないもの。音感の支えの無い音楽活動
ほど不安定で心許ないものはありません。幼児期から音楽のレッスンを受けてこなかった
人も、今から確実に習得できる「相対音感」を身につけて、より一層楽しく自在に、かつ
自信を持って音楽活動をなさってみませんか!
確かな音感が身につきますと、歌や合唱をカラオケ的或いは口移し的に歌っているだけ
の音楽体験や、しっかりした音感を伴わない楽器演奏では得られなかった確かでより
感動的な音楽の世界を体験”
出来るようになります。
特に、譜読みが簡単という理由だけで、本来の音感ではない固定ドで安易に歌っていま
すと、いつまで経っても正しい音感を身につけられません。また、感覚的に実感を伴わない
譜読みでは、確かな音楽的表現も出来ないと言うことになります。それは語感のない外国
語でしゃべっているのと同じ奇妙なことです。そこから的確な音楽表現が生まれることは
あり得ません。相対音感の人は、相対音感の読み方で音楽を行わなければなりません。
そして、実感(正しい音階感)を伴った音感で音楽活動をする必要があります。


眠っている音感を呼び覚ます!!
■「独習用・相対音感メトード」教材

耳コピに強くなりたい、
◆確かな音感を身につけたい、
◆楽譜なしでも
弾けるようになりたい、
◆楽器に頼らず
正しく歌えるようになりたい、
●そんな願いをお持ちの方には、
最強の教材です!
絶対の自信を持っておすすめいたします。
(ギターバージョンもあります)

「相対音感メトード教材」の特長
参考楽譜 (ピアノ版サンプル音)  (ギター版サンプル音)
1. 楽譜に頼らない「耳コピピアノ」で培った確かな相対音感を持つ著者自身が、その音感を持つに至ったプロセスを分析・再構築し、現場における豊かな指導経験に基づいて的確にメトード化した、本格的・相対音感・独習教材です。いかなる教材よりも確実に、しかも無理なく無駄なく的確に相対音感を身につけることが出来ます。音感をあきらめる前に、是非お試し下さい。
2. CDプレーヤとピアノ音が出せる楽器、又はギターさえあれば簡単に独習できます。
3. 相対音感メトード教材は、基礎編応用編で構成されています。
基礎編では、調性をハ長調に限定して、最も基本的な相対音感を養います
非常に簡単な課題(ド〜ミ)から、実際の音楽にも充分対応できるレベルまでを、音域・音程・臨時記号等において、綿密な配列・充分な課題数で収録していますので、無理なく相対音感の基礎学習ができます。(教材選択で迷われた場合は、とりあえず「基礎編」からおはじめ下さい)

応用編では、基礎編で身につけた相対音感を、色々な調性に応用する技術を養います。
相対音感は、何調でもそれぞれの調の階名(ドレミ)で聞こえますが、調によってそれぞれの階名の高さ(鍵盤や音符の実際の位置)は異なります。ドレミが分かっても、ハ長調以外の調でも読譜や記譜、演奏が素早くできなければ、音楽活動には不十分です。
応用編では、相対音感を実際の音楽活動に活用するために大切な、
色々な調に対応できる力を養います。(基本的相対音感をお持ちの方は、この応用編から学習することが出来ます)
4. 練習方法は、主和音に続いてピアノ(ギター)で収録された音列(3〜5コ)を聞いて、鍵盤(ギター)で答えるだけです。一般の聴音のように楽譜に書きとめる必要はありませんので、非常に効率的に相対音感を修得できます。(ピアノ版では現在課題提示部分に、学習効果をより高めるための”和音”が付加されています)
(音列は各2回ずつ収録されています。1回目の音列を聞き、2回目でその音列をCDに合わせて弾くことで、答えが正しかったかどうかを耳で簡単に確認できます。繰り返し練習しても分からない場合は、添付の楽譜でその音列を確認し、繰り返し練習し覚えていきます)
5. 学習上の疑問や質問に対し、万全の無料サポートを行っています。


教  材  名 CD 調  性 税込み価格 本体価格
相対音感メトード・基礎編 ハ長調 ¥13,440 ¥12,445
相対音感メトード・応用編1 イ短調+♯・♭1つの長短調 ¥7,140 ¥6,611
相対音感メトード・応用編2 ♯・♭2つの長短調 ¥6,090 ¥5,639
相対音感メトード・応用編3 ♯・♭3つの長短調 ¥6,090 ¥5,639
全セット 20 ♯・♭3つまでの長短調 ¥29,400 ¥27,222
応用編1,2,3セット 13 ♯・♭3つまでの長短調 ¥17,640 ¥16,333
※各約70分収録、B5テキスト付、送料・一律590円(税込)、ギターバージョンも同一
ご注文の節は
ピアノバージョンギターバージョン区別も明記してください

絶対音感教材 コールユーブンゲン教材 旋律聴音・新曲視唱教材
和声・二声聴音教材 大阪音大・受験教材 楽典教材
世界の歌伴奏CD リコーダー曲集 キーボードハーモニー教材
子供のためのソルフェージュ教材 両手和音伴奏教材 リズム練習教材
一般ソルフェージュ教材 一般・聴音教材



HOME

(お申し込みページへ)