坊守
トップへ戻る
 坊守とは真宗では一般的にお寺の奥さんのことを言います。
   (坊守制度のことについては議論が進められていますが、あえてここでは深く触れません)

宗玄寺の今の坊守は、古市へ来てもう30年になります。人生の半分がこの地の人間になってしまいました。
ところがですなー。村の事はよく知っているんです。この地で育った住職が知らないことまで。
  (住職が関心がないからか?)

家庭を守り、寺の外交官であり、はてさて、住職の秘書であり・・・・・。

「あのねー、遺族会があるんやけど、どことどこが遺族の家やった?」 と、近所の奥さん。
「あそこと、あそこと・・・・」 (坊守)
「お前、よう知っとるなー」 (住職)
「あんたより、この人の方が頼りになるんやでー」 (近所の奥さん)
「・・・・・・」 (住職)

嫁という字は女へんに家と書く。いろいろ解釈はあるが、家の大黒柱かも知れない。