いのちの教え
トップへ戻る
東井義雄さんの東井義雄「いのち」の教えという本の中から
ブックコード ISBN4−333−01571−5 C0095




 東井先生は、下村湖人先生の「心の窓をひらく」から、「おかあさんのかんじょうがき」という作文を引用されて、こんなことを書かれていました。

 進という少年が、学校へ出かけるとき、前夜書きつけた紙片を二つに折って、お母さんの机の上にそっとおいて、学校へ出かけていきました。紙片には、次のように書いてありました。
 
    かんじようがき
 一 市場にお使いに行きちん     十円
 一 お母さんのあんまちん      十円
 一 お庭のはきちん         十円
 一 妹を教会につれて行きちん    十円
 一 婦人会のときのおるすばんちん  十円
    ごうけい          五十円
                進
 お母さんへ

 進のお母さんは、これをご覧になってニッコリなさいました。そして、その日の夕食のときには、今朝のかんじょう書きと、五十円が、ちゃんと机の上にのっていました。進は大喜びで、お金を貯金箱に入れました。
 その翌日です。進がご飯を食べようとすると、テーブルの上に一枚の紙があります。開いてみると、それはお母さんのかんじょう書きでした。

   お母さんのかんじょう書き
 一 高い熱が出てハシカにかかったときの看病代    ただ
 一 学校の本代、ノート代、エンピツ代     みんなただ
 一 まいにちのおべんとう代             ただ
 一 さむい日に着るオーバー代            ただ
 一 進さんが生まれてから、今日までのおせわ代 みんなただ
     ごうけい                  ただ
                       お母さん
  進さんへ


 進は、これを見たとき、むねがいっぱいになって、大つぶの涙がもうすこしでこぼれそうになりました。そして、泣きたくなったのをぐっとこらえました。
 そして、これからは、どんなにお手伝いしても、お金はいらないと思いました。大すきなお母さんのためには、自分のできることなら、何でもしてあげようと思ったからです。
 世界でたった一人の大事なお母さん。こんなばらしいお母さんを与えてくださった神様に、進は心から感謝しました。  −東井 義雄−


苦しみも悲しみも
自分の荷は
自分で背負って
歩かせてもらう
自分の人生だから


もっともっとたくさん紹介したい。だが、それでは本の丸写しになってしまう。
このあふれる仏さまの心の詰まった本に、どうぞ是非であってください。


内容の転載をお許し頂いたご厚情に感謝いたします。