不破数右衛門の子孫

トップへ戻る

不破数右衛門の子孫について
 不破数右衛門には二人の子どもがあり、一人は「大五郎」(事件当時6才)、もう一人は「つる」(事件当時4才)といいました。

 「つる」に関しては比較的詳細な記録が伝えられています。事件当時、数右衛門の実父母と古市に同居していましたが、事件後、鍵屋という宗玄寺の弟筋に当たる酒造家のツテで、神戸御影の酒造家仲間の真宗東本願寺末寺である照明寺に預けられ、その寺で長じて同寺に嫁ぎました。また「つる」の娘(数右衛門からすると孫娘)「るい」が宗玄寺に嫁いで来ています。

  つる 享保15年11月6日(1726)照明寺にて没  法名 釋妙宣 
  るい 安永2年10月27日(1773)宗玄寺にて没  法名 釋誓隆

 一方、「大五郎」については詳細な記録がなく、篠山岡野村の大膳寺(禅宗)に入って僧になり、その後三河の国の永昌寺へ移ったのですが、そこで足取りが絶えてしまっており、大正期に永昌寺へ照会しましたが、全く記録にないとのことでした。ところが最近(2005.11)になって、篠山市内の古文書研究グループから教えてもらい、その古本の中から不破数右衛門の子孫についての記載を見ることとなりました。

 熊田宗次郎著『日本史蹟 赤穂義士(大正5年初版 東京:郁文社出版部)という本で、その中の35節目に『不破数右衛門の子孫』と題して、以下の記述が残されています。

    不破数右衛門の後裔と云ふもの、尾州名古屋藩に仕へ居りしと云ふ。数右衛門の一子大五郎は、その伯母婿たる丹波篠山城主松平紀伊守信庸の家臣太田半兵衛の許に在りしが、大阪に出でゝ僧となり、後ち下総古河の永昌寺に住みしも、終に何れへか失踪せしと云へば、多分還俗して自分なり、其子なりが名古屋藩へ仕へたるものなるべし。
 此不破家は鍛冶町に住し、代ゝ数右衛門を名乗りしものらしく、禄高は百石にして、新番とて君侯の大井川など渡らるゝ時、裸男の肩に乗りて、其駕篭を担ぐ役柄なり。
 文久年間の当主数右衛門、其二人の子を東橦木町の本多某という手習い師匠の許へ通はせ居りしが、数右衛門兎角に其子の進級遅きを怒り、自から本多方に押し掛けて、談判に及び、果てに口論となりしに、短慮の数右衛門、忽ち憤然として起ち上りイキナリ某を斬り殺したれば、某の長男大に憤り、下男と共に数右衛門の二子を斬つて捨て、更に数右衛門と渡り合うて、難なく之を仕留めたれば、不破家是が為めに断絶に及びたりと云ふ。数右衛門正種の血統を引きたる丈に、中々利かぬ気の人物たりしと見ゆ。

*1 伯母……………………  父母の姉のことをいう。不破数右衛門に姉があった事は伝承にない。
*2 松平紀伊守信庸……… 篠山城主就封1677年 転封1717年
(元禄事件の最中に篠山藩に在任の普代)
*3 太田半兵衛…………… 実在と姻戚関係は伝承にない。篠山藩の事をもう少し調べれば出てくるかも。
*4 出家の経緯…………… 篠山岡野の大膳寺にて出家したということが正しい。なぜ大善寺なのかは、*3に登場する人物が実在して、そのツテで大膳寺に入ったということは辻褄が合う。大五郎の祖母(数右衛門の母)は大五郎に付き添い大膳寺に住まいをし、大膳寺にて没している。(享保5年1月10日没 戒名 本照院永春信女 俗名・行年不詳) 大五郎がいつ大膳寺から永昌寺へ移ったのかは伝承にないのですが、他の資料からおよその時を判断することができます。。
*5 文久年間……………… 1861〜1864



考証
 大五郎の出家
 吉良邸討ち入りの事件が起こったのは元禄15年(1700)で、当時6才の大五郎は本来遠島の罪科に処されるところですが、出家得度することにより免責される制度がありました。徳川実紀の宝永6年2月(1709)の記述に、『浅野内匠頭長矩が家人等、先に主の讐を報ぜんとて、吉良上野介義央を討たるをもて死をたまひ、その幼子みな親戚にあづけられたるも、このときゆるし下さる。」』と出てくるので、事件9年後に類罪が解かれたこととなっています。この時、大五郎は15才になっているわけです。

 諸説では当時大五郎は亀山にいたとあるものもありますが、いよいよ討ち入りを控えて数右衛門が亀山に出向いたとき、父母と二子は既に岡野治太夫の妹「くま」の婚家を頼って古市に住していたため、古市の隣村である不来坂村まで来て、二子と母に面会し、別れを告げた事は事実です。(中には、「くま」が数右衛門の妹などと記しているものもありますが、それは完璧に間違いで、治太夫の妹、つまり数右衛門の叔母なのです。)

 横道に逸れますが、数右衛門が自刃の際に遺言が聞き届けられ、討ち入りに着込んだ母からの襦袢は母に、自刃の小刀は大五郎に、また笄はつるにあてて、松平公の家臣により古市の宗玄寺の遺族に寄せられたとあり、自刃当時は大五郎・つる・母は宗玄寺に奇遇していたということになります。ただここで、父(岡野治太夫)宛てには何もないということが少々気になるところで、父子の間に何等かの確執があったのではないかと思えます。

 大五郎が何故篠山岡野の大膳寺へ入ったのかということですが、この古本の記述や、他の文献で、太田半兵衛という人物が介在している所に注目してみたいのです。大五郎の伯母婿が太田半兵衛となっているのですが、数右衛門に女兄弟があったということは全く伝承されていません。一方、数右衛門の妻、つまり大五郎の母についてもその伝承がなく、松村喜兵衛の娘云々ともいわれますが、事実はあきらかではなく、眉唾ものに近いと考えられます。

 ここで、大五郎の伯母ということですが、本人から見ると伯母は2系統あることになります。つまり父の姉か、もしくは母の姉なのです。数右衛門側の男系を見るときに、女兄弟の伝承が全くなく、母方は殆ど不詳ということですから、この太田半兵衛という人物は、数右衛門の妻の姉(大五郎の母の姉)の婿と云うことではないかと考えられます。

 親の罪は子に類罪することから、家族の中で大五郎を養育保護していくことは出来なかったものと考えられます。(討ち入りによって処罰を受けた子どもは全て男子で、女子には罪が課せられていません。)

註:『有徳院御実紀附録巻三(吉宗の時代の記録の附録 吉宗:1716年〜1745年)

 刑罰は人の命にかゝる事なればとて、殊に御心を用ひられ、評定所をはじめ、諸奉行所よりまいらするもの、みな夜半すぐるまで御覧ありて盛慮を加へられ、宿老等よりも其議を奉らしめ給ひ、猶思召に応ぜざる時は、幾度も評議をつくされて後令を下されけり。」野伏、乞食の類は、まことに鰥寡孤独にして、告る所なきものなれば、上より定るまゝなりとて、わきて憐ませ給ひ、つまびらかにさたし拾へり。さればこれ より先重罪を犯す者は一族までも連坐しけるが、此御時より刑科を省かせ給ひ、親子の間といへども、親の罪に子は坐し、子の罪に親は坐せざる事となりしとなり。』

 大五郎の処遇が決められるのに対して、家族達は思案し、縁戚を頼って太田半兵衛に行き着いたのではないでしょうか。しかし、半兵衛にしても、譜代大名(篠山藩松平は譜代大名)の家臣である以上、隠匿をつづけることもならず、空き寺であった大膳寺への入寺の道をとったと考えられます。空き寺であったと想定するのは、大五郎の祖母が大五郎に付き添って一緒に大膳寺に入って、その後、享保5年1月10日に大膳寺で没し、戒名を本照院永春信女として伝えられていることにあります。そんなに大きな寺ではなく、どちらかと言えば田舎の小さな寺ですから、老女が20年間も転がり込むためには、空き寺でなければ無理な相談なのです。20年間、大五郎と在寺して一緒に暮らしていたならば、大五郎は26才になっていたのです。

 永昌寺へ 
 大五郎は僧名を「大雄」と号し、その後三河の永昌寺へ入寺したが……とあって、その後はぷっつりと消息が絶えています。 参考の古本では、「下総古河の「下総古河の永昌寺」」とあるのですが、伝承とはどうも方向が一致しません。大正期に宗玄寺住職が三河永昌寺と連絡を取って調査したのですが、記録が全くないという返事が返って来ています。宗玄寺での伝承である「三河の永昌寺」が間違いで、「下総古河の永昌寺」が正しいなら、もしかすれば何かの記録が残されているかも知れませんが…。

 大五郎が永昌寺へ移ったのがいつのころなのかは判然としません。仮に正徳3年(1713)…岡野治太夫の没年…以前に大膳寺を出て永昌寺へ移ったとすれば、大五郎の祖母はそのまま大膳寺に残らずに、岡野治太夫(夫)の元へ返るのが自然ではないでしょうか。また、正徳3年(1713)から享保5年(1720)の間に出て行ったのであれば、老いた祖母をひとりぼっちにしてしまうことになります。複雑な家庭内の人間模様があったかも知れませんが、どうもそのあたりが気になるのです。

 順当に考えれば、妹(? 姉かも)の「つる」も照明寺に嫁して一応安定した生活が送れるようになったし、心配な存在であった祖母も亡くなってしまい、自由孤独の環境がめぐってきた享保5年(1720)1月末以降、ふらりと大膳寺を出て行ったのではないかと思えます。時に大五郎26才でした。

 数右衛門の後裔話
 古本に記してある「還俗」云々は充分考えられることです。しかし、その末裔が文久年間まで続いていたということについては、実にビックリした次第です。

 熊田宗次郎著『日本史蹟 赤穂義士』による文章の中の文久年間と言えば幕末に近く、文久は1861年〜1864年であり、中をとって1862年頃とすれば、討ち入り事件後162年もの年月が経ていることになります。一家の一代の年月は、平均値で一代20年〜25年と計算出来きます。20年とすれば数右衛門から数えて8代、25年としても6代の世代を経ることになります。

 人は自分の故郷を思い起こすものであり、6代〜8代の間には誰か一人ぐらいは、古市の地に不破数右衛門の実の両親の墓所があるということを訪ね探すのではないでしょうか。160年の時間の経過の中で、そのようなことがあったということは一切伝承に残っていません。

 伝承というものは必ずしも史実に即しているものではないかも知れませんが、反面、全くの作り話という事で切り捨てることもできません。作り話であれば、その話を作らなければならなかった背景が必ず潜んでいるものです。そういう観点で伝承を見ていくならば、「名古屋に不破数右衛門の子、大五郎の子孫が居た」ということは必ず伝承されているはずなのです。

 寺子屋の師匠を斬り殺し、返って返り討ちにあって一家が断絶したということであれば、これは大変なニュースバリューのある話で、必ず伝承されているのが当たり前ではないでしょうか。「数右衛門の血統を引くだけに・・・・」云々の箇所などは、実に講談調の読物になっています。

 事実かどうか
 「数右衛門の子孫」の記述が真実か虚飾かは今のところ私では判然としません。名古屋藩士録でその当時の藩士を調査し、かつまた鍛冶町に住していた人物を突き止めることも今の私の力量では出来ません。
 ただもう一つ疑問に思うのは、禄高百石の新番と云えば、当時の武士社会の身分の中では上位に位置します。そこで気になるのが住所地の町名です。
 武士は武家屋敷として割り当てられた一定の区画内に、身分に応じた屋敷をあてがわれるものです。自分の居住地を自由に選択できるものではありません。「鍛冶」という町名は、そもそも職人町を連想するし、武士の居住する町名にしては、篠山藩の城下の町名と比べても至って奇異な感じを受けるのです。

 最初にこの古本の記述を見た時にはとてもビックリしたのですが、何度も読み返していると、どうも事実ではないのではないかと思えて仕方がありません。歴史を研究されている方は既に披見の本でしょうから、その真偽のほどはご存知であろうと思います。

 5年に一人ほどの割で、時たま不破数右衛門の子孫という方がお越しになりますが、あまりどなたも自慢気にはお話しになられません。「父に『おおっぴらに数右衛門の子孫だとは言うな』と言われた」などとおっしゃるのです。それは、数右衛門が浪人に至った経緯と、岡野治太夫も早々と浪人に至っている経緯に何か原因するものがあると思っています。それと、大五郎系の子孫という方には一度も拝眉したことがありません。大五郎の系統は無いのではないかと思っています。



参考になるようなことをご存知の方は是非ご一報ください。

 不破数右衛門の妻に関すること
 大五郎のその後に関すること
 
篠山市 宗玄寺 2005.11

 こうやってホームページに記載していますと、とんでもない事態が2015年秋から起こりました。大五郎の子孫の事が、資料によって出てきているとの確かな研究者からのメールと、「私は不破数右衛門から数えて14代目」になるという「不破」姓の方からメールが飛び込んできたのです。
 およそ300年間の霧が一挙に晴れたような思いでした。資料提供をいただいた方の諸般の事情から、「解明一件」の全公開は今しばらく時間を要することになりますが、一部についてはこのページから公開することにいたしました。

 「不破数右衛門の息子大五郎の子孫

元禄仇討ちの記録] [忠臣蔵ゆかりの地] [忠臣蔵古市版