top
サイト案内図 掲示板 ご意見・ご感想の送信
HOMEPost>郵便番号枠の場所及び番号の書き方
Last Updated: 2005.12.19

郵便番号枠の場所及び番号の書き方

封筒(定形郵便物の包装用)と私製はがきの郵便番号枠の大きさと位置

 はがき、封筒の向きは縦向き(縦長)として下さい。横向きの場合は、この郵便番号枠の規定は当てはまりませんので、このページ下に書いてあるように郵便番号枠を印刷せずに郵便番号のみを記入して下さい。

 郵便番号記入枠とハイフン(3桁目と4桁目の間の棒)の太さは、0.3〜0.5mmです。また、郵便番号記入枠とハイフンの色は、黒または青系統のインクを混入しない 朱色または金赤色です。

7ケタ郵便番号枠

 5ケタの郵便番号枠に7ケタの郵便番号(例では199-8202)を書く場合は、下図のように7ケタの最後の2ケタを4・5ケタ番号枠の下に書いて下さい。

 

5ケタ枠への7ケタ番号の書き方

 ワープロ等で住所を印刷して、郵便番号枠でない場所に郵便番号を書く場合は、文字を全角にして下さい。また、数字やハイフンの間隔は等間隔として下さい。

 199−8202(全角)
 199-8202(半角)

 数字の前後には、〒マークや記号、文字を付けたり、勝手に枠を作って囲んだり、アンダーラインを引いたりということは一切しないで下さい。数字及びハイフンだけを記入して下さい。
 数字は等ピッチで、文字の高さに応じた間隔で印刷します。
 表の数字の単位は[mm]です。

文字の高さ 2.4 3.0 4.0 5.0 6.0
必要な文字間隔 0.6以上 0.7以上 0.9以上 1.0以上 1.1以上

サイト内関連ページ

定形・定形外郵便物の規定
はがきの規定
7ケタ郵便番号制について

関連サイト(当サイトとは別サイト)

著作権・免責事項・リンク・管理人雑誌・書籍紹介歴
Copyright

Homepage >> Post >> frame of zip code etc