top
サイト案内図 掲示板 ご意見・ご感想の送信
HOMEPost>往復はがき
Last Updated: 2015.03.29

往復はがき

往復はがきをご自分で作られる場合、郵便往復はがきに何か細工(?)をして出す場合には以下の規定を守って下さい。通常はがきについてはこちらで説明しています。
はがきは信書に当たります。郵便以外の方法(民間の宅配便業者のサービス)で送ることはできません。

大きさ
短辺 14〜15.4cm
長辺 18〜21.4cm(規定図をご参考に)
どちらか一方の辺が大きさを満たしていなければ、はがきではなく定形または定形外郵便物になります。
縁がギザギザになっている場合は、切り込みの深さは2mm以内と規定されています(参照)。
郵便局で売られている郵便往復はがきは、短辺14.8cm×長辺20cmです。
重さ
4〜12g
軽すぎても重すぎても、はがきではなく定形または定形外郵便物になります。
料金
104円(52円×2)
郵便往復はがきには、表左上に料額印面(あらかじめ料金が印刷されている部分のこと)があります。これを切り取って他の郵便物に貼って切手代わりにすることはできません
郵便往復はがきは、所定の手数料(10円)を払えば、新しい切手やはがきと交換可能です。
配達の方法

宛先への配達で、郵便受けに入れられます。
書留扱いで出された場合は、宛先人または同居人への直接手渡しです。受け取りの際には、受取人の印鑑またはサインが必要です。

書留で出された場合で、配達の際に受取人が不在であれば、不在通知が郵便受けに入れられますので、再配達をお願いするか郵便局へ取りに行って下さい

配達日、時間帯

配達日は、月曜〜土曜と指定された祝日です。年末年始以外、原則として日曜日と指定されていない祝日には配達はありません。但し、一般書留、簡易書留で送った場合、速達を付けた場合は日・祝日でも配達されます。
配達時間帯は、1日1回の各戸への郵便物配達の時間となります。配達時間帯を指定することはできません。

速達は、1日3〜4回の郵便局への郵便物の到着に合わせて配達されます。
返信について
返信の際には「返信部のみ」を返信して下さい。詳細は注意点を参照。
もし返信部を使わない場合は、これを普通のはがき(単面はがき)として使うことができます。その場合は「返信」の文字をペンで線を引いて消して下さい。また、郵便局で所定の手数料を払えば、返信部のみを切手またははがきに交換してもらえます。
特殊扱い

速達(+280円)
表面の右上部に朱色の横線(横に長い郵便物は右側部に朱色)を表示して下さい。
往信部に上の表示をすると、往信部のみに速達料金が掛かります。返送者時に返信部を速達で送る場合は、返送者が返信部に速達料金を加えて下さい。

配達日指定郵便(指定日が日・休日なら+210円、それ以外なら+31円)
指定した日に郵便を届けて欲しい時に利用して下さい。

一般書留(+430円から)
簡易書留(+310円)
特定記録(+160円)
はがき自体が高価な場合は(珍しい例ですが…)、書留を付けて出して下さい。

割引
利用者区分割引
広告郵便物
いずれも、一度に大量の郵便物を差し出す場合に利用して下さい。
紙質と色
郵便はがきと同等の紙質
白色または淡色
淡色とは、消印を押してきちんと消印がわかる色、住所が読みとれる色と考えて下さい。
表示
往信部、返信部両方の表面に「郵便往復はがき」
文字の色は決まっていませんが、はっきりしたわかりやすい色にして下さい(朱色がよく使われる)。表示する場所は、表面の上部又は左側部(横に長く使用するものにあつては、右側部)の中央、と規則で決められています。
郵便番号枠
別ページに記載(はがき、封筒共通仕様)
枠を作る場合は規定があります。作らない場合でも推奨する設定があります。
使える部分
裏面は自由に使えます。
表面は、半分まで通信文を記載できます(表面下部1/2。横長のはがきは左側1/2)。
配達状況追跡
郵便追跡サービスiモード
書留または特定記録扱いで出した場合のみ配達状況追跡が出来ます。
引受番号を間のハイフン無しで入力して下さい。
その他
図の下に注意点をまとめました
日本国外には送れません。
重さの規定を満たす範囲で、薄い紙などを添付できます。全面を密着させて貼って下さい。
輸送途中で紛失しても、損害賠償はありません。

往復はがきの規定図

往復はがき図

郵便往復はがき」またはそれに該当する文字が、往信部表(1)及び返信部表(4)にはっきり書いてある。

往信部表(1)と返信部裏(3)が外側を向くように折ってある。
その他の定義は、通常はがきに同じ。

往復はがきの注意点

必ず往信部表(1)と返信部裏(3)が外側を向くように折って下さい。折ってない場合は往復はがきとは認められず、差出人が郵便局に折りに行かなくてはならない場合があります

図の(1)、(2)が往信部(表は青の料額印面)で、(3)、(4)が返信部(表は緑の料額印面)です。料額印面とは、あらかじめ料金が印刷されている部分のこと。(3)、(4)が(4)に書かれた住所に送られます。
図のはがきですと、受け取った太郎さんは、必要事項(図の緑字)を記入し、はがきを折れ線で切り取って、返信部のみを(往信部は太郎さんが保存)、花子さんに送ります。

何かを申し込むのに往復はがきを使うとしますと、(1)に申込先、(2)に必要事項、(4)に自分の住所・氏名を書き、(3)は申込先の指示に従って何か書くわけです(空欄にする場合もあり)。

万が一記入を間違ってしまった場合は、 (1)の料額印面下の「往信」を「返信」に、同じく(4)の「返信」を「往信」に書き換えれば使えます。

往復はがきを受け取って返事を出される場合、往信部を一緒に送ってしまわないように気を付けて下さい。往信部もくっついていたら、郵便局で切り取って返送します。

往復はがきは、1枚の規定の大きさの紙を二つに折ったものです。通常はがきをテープで留めて2枚にしても、往復はがきにはなりません定形外郵便物になります)。

縁がギザギザしているはがきの規定図
縁がギザギザ

サイト内関連ページ

はがきの種類
通常はがき
郵便局での郵便切手・郵便はがきの新品への交換
国内・国際郵便料金表
ポストに投函できる郵便物・郵便局でしか差し出せない郵便物
国内郵便 特殊取扱郵便対応表

関連サイト(当サイトとは別サイト)

切手・はがき@日本郵便
はがき@郵便局
著作権・免責事項・リンク・管理人雑誌・書籍紹介歴
Copyright

Homepage >> Post >> Return post cards