top
サイト案内図 掲示板 ご意見・ご感想の送信
HOMEPost>郵便禁制品と郵送禁止品
Last Updated: 2005.11.23

郵便禁制品と郵送禁止品

差し出すことを禁止するとともに、万が一郵便物として出された場合にはこれを没収し、差出人に罰則が与えられる物品が郵便禁制品です。
郵便業務に携わる者、あるいは他の郵便物に対して傷害または損害を避けるため必要があると認められた場合郵便物として差し出すことを禁止される物品が郵送禁止品です。
現金はこれらには当てはまりませんが、現金書留以外の方法で送ると郵便法第19条違反となり、正当な方法で送る手続きを求められます。

郵便禁制品
郵便禁制品とは、品物を指定し郵便物として差し出すことを禁止するとともに、万が一郵便物として出された場合にはこれを没収し、差出人に罰則が与えられる物品です。

爆発性、発火性その他の危険性のあるもので、公社の指定するもの ダイナマイト、ガソリン、ベンジン、石油、ガス入りライター、花火、マッチ、放射性物質等
毒薬、劇薬、毒物及び劇物
(官公署、医師、歯科医師、獣医師、薬剤師または毒劇物営業者が差し出すものを除く)
青酸カリ、硫酸、硫黄等
生きた病原体及び生きた病原体を含有し、または生きた病原体が付着していると認められるもの
(官公署、細菌検査所、医師または獣医師が差し出すものを除く)
赤痢菌、コレラ菌、腸チフス菌、結核菌等
法令に基づき移動または頒布を禁止されたもの わいせつ文書等

郵送禁止品
 郵便業務に携わる者、あるいは他の郵便物に対して傷害または損害を避けるため必要があると認められた場合郵便物として差し出すことを禁止される物品です。
現在は人に危害を与える恐れのある動物(学校または試験所から差し出され、またはこれに宛てるものを除く)が郵送禁止品となっています。

郵便禁制品と郵送禁止品の違い

  郵便禁制品 郵送禁止品
規定 郵便法第14条 郵便法第15条
郵便規則第5条
差し出したらどうなるか? 没収される 差出人に還付される
罰則 50万円以下の罰金 罰則はなし

サイト内関連ページ

国内・国際郵便料金表
ポストに投函できる郵便物・郵便局でしか差し出せない郵便物
国内郵便 特殊取扱郵便対応表

関連サイト(当サイトとは別サイト)

法庫
総務省 行政管理局 法令データ提供システム
 
著作権・免責事項・リンク・管理人雑誌・書籍紹介歴
Copyright
Homepage >> Post >> Kinshi