本文へスキップ

hoso-n@gem.hi-ho.ne.jp

〒103-0022 東京都中央区日本橋室町1-9-9

確かな技術と自由な発想

株株式会社 包装産業新聞のホームページへようこそ。
当ホームページでは最新号の見出し、各種情報をお知らせしています。




TOPICS

  • 最新号ヘッドライン
平成28年8月5・15日合併号  №627 目次

<クラフト紙袋工組>
名古屋で隔年懇談会を開催
理事と支部会員間で意見交換
クレームや海外製品の対応策

全国クラフト紙袋工業組合(白石忠信理事長=シコー㈱会長)では名古屋市で7月度理事会を開催、その後、東海支部会員と意見交換の時間を持った。7月20日(水)午後2時半から名鉄ニューグランドホテル扇の間で理事会を開催、その終了後午後3時45分より支部会員との懇談会、5時からは懇親会が行われた。
懇談会は名糖㈱名古屋工場取締役工場長の渡部保東海副支部長の司会で始まり、中越パッケージ㈱社長の櫻井義昭理事・東海支部長、シコー㈱会長の白石忠信理事長の挨拶と続いた。


【FC5月の実績】
除染用前年同月比は半減
本来歓迎すべき除染用減少
輸入は依然堅調な増加傾向に

日本フレキシブルコンテナ工業会(時田周明会長=㈱ナショナルマリンプラスチック社長)まとめによる平成28年5月のランニング用、クロス用(PP・PE製)のフレキシブルコンテナ生産実績及び財務省による輸入統計が発表された。国内生産実績はランニング用が4万5040袋、前年同月比は実に72%、クロス用は24万4913袋で同76%と低迷している。

【国際物流総合展2016】
JILSなど7団体共催
東京ビッグサイト9月13~16日
今年は第12回目で過去最大規模

公益社団法人日本ロジスティクスシステム協会(JILS)と一般社団法人日本能率協会(JMA)他5団体による「国際物流総合展2016」が、本年9月13(火)~16日(金)の4日間、東京ビッグサイト東ホールにおいて開催される。同展は、経済活動のインフラとして不可欠な物流・ロジスティクスの先進情報を収集できる日本唯一、アジア最大級の専門展示会である。1994年の初回以降、隔年開催となっており今年で12回目を迎える。今回のテーマは「物流展でみつけよう~課題解決のネクストステップ」。456社の出展、2077小間の過去最大の規模となっている。

【JAPAN PACK 2017】
アジア最大級〝包む〟総合展
来年10月開催で現在出展者募集中

 一般社団法人日本包装機械工業会(大森利夫会長。東京都中央区新川2-5-6包装機械会館3F)は、2017年10月3日(火)~6日(金)の4日間、東京ビッグサイト東1~6ホールで「新しい方程式、ここに集まる」をテーマに、アジア最大級の〝包む〟にまつわる総合展『JAPAN PACK 2017』を開催する。

【日本製粉】
本社を麹町に移転
渋谷現本社跡は共同ビル




NEWS新着情報

2016年6月7日
ホームページをを更新

バナースペース

our client