本文へスキップ

hoso-n@gem.hi-ho.ne.jp

〒103-0022 東京都中央区日本橋室町1-9-9
株式会社 包装産業新聞

 

確かな技術と自由な発想

株株式会社 包装産業新聞のホームページへようこそ。
当ホームページでは最新号の見出し、各種情報をお知らせしています。




TOPICS

  • 最新号ヘッドライン
平成31年4月25日号 No.712目次

ハ ル ナ 
ゴムボートからフレキシブル・コンテナ、
販促品加工~そして、農業の新分野へ
弾力性のある経営を目指す
メイド・イン・高崎


群馬県高崎市に本拠地を置く、ハルナ㈱(群馬県高崎市棟高町807-4。竹内多久実社長)は、今年で創業60年を迎える加工業を中心とした中堅企業である。1960年代に国内のゴム製品メーカーの傘下で、ゴムボートの製造等、シート状素材の加工を開始。ランニング用フレキシブル・コンテナ等の製造を継続しながら、近年は販促物や医薬部外品・化粧品のセット加工、またゴム製品の製造ノウハウを用いて、農業や建築などの新しい分野に挑戦を続けている。今回はそのようなチャレンジを続けるハルナの竹内多久実社長にお話を伺った

【全国米麦紙袋協会】 
佐藤行延新会長が選任
=第53回通常総会を開催=
新時代に向けてスタート

全国米麦紙袋協会(佐藤公夫会長=佐藤産業㈱社長)では去る4月5日(金) 11時より第53回(平成30年)通常総会を東京大手町の「パレスホテル」において開催した。

【2月のFC生産】
ランニング前年比で増加
クロス製品は若干の減少
投資・復興等需要圏の格差反映?

【JILS・JIRS】
「現場力強化を重視」して
全日本物流改善事例大会開催
2019年5月14、15日会期

【ティ・エス・ケイ】
企業体質強化へ業容拡大
創立80周年「展示場」開設
エアー緩衝材製造機取扱開始

重包装クラフト紙袋を主として安定成長してきたティ・エス・ケイ㈱(本社=富山市三郷9。髙木悦朗代表取締役社長)は創立80周年を迎え、その記念事業として本社工場敷地内に『ティ・エス・ケイ展示場』を開設する。

木戸克己社長体制 
=王子アドバ新経営陣=

経済産業省  
2018年(1~12月)
1000㎡以上の用地を取得した
製造業等の工場立地動向調査結果
(速報・続編)

D N P 
多種の素材に印字可能
高い耐久性を持つインクリボン
「V300」を新発売


竹 尾 
FSC森林認証紙へ順次切り替え
「アラベール」「気包紙シリーズ」
「ヴァンヌーボシリーズ」

重袋用クラフト紙輸出は前年比増 
日本紙類輸出・輸入両組合本年集計

STOP! フードロスキャンペーン
ベルグリーンワイズで新対応策

【凸版印刷】 
楽に絞れるチューブ型パッケ
ージ
『チューブなパウチ』を開発




NEWS新着情報

2019年4月5日
ホームページをを更新

バナースペース

our client