本文へスキップ

hoso-n@gem.hi-ho.ne.jp

〒103-0022 東京都中央区日本橋室町1-9-9
株式会社 包装産業新聞

 

確かな技術と自由な発想

株株式会社 包装産業新聞のホームページへようこそ。
当ホームページでは最新号の見出し、各種情報をお知らせしています。






TOPICS

  • 最新号ヘッドライン
平成30年10月5・15日合併号 No.694 目次

<社長紹介>
「厳しい環境の中でも
〝安全〟そして〝勝つ〟意識を」
日本製袋㈱角社長に聞く


2018年9月某日、残暑の中、この6月に着任された日本製袋㈱角幸嗣社長にお時間を頂戴し、パッケージ業界、製紙業界の展望、さらに新しい日本製袋に対しての考えをお伺いした。今回はその一端を紙面にてご紹介する。

DNP 
植物由来の原料を使用した環境に優しい
「バイオマテックインキ」を開発


大日本印刷㈱(東京都新宿区市谷加賀町1-1-1。北島義斉社長。以下、DNP)は、植物由来の原料を一部に使用することで環境への負荷を軽減できる「バイオマテックインキ」を開発した。食品や日用品などの軟包装材に使用するグラビア印刷用インキ*1を、植物由来原料を使用した「バイオマテックインキ」に切り替えることが可能である。

<全国スーパーマーケット協会>
第53回スーパーマーケット・トレードショー
2019年2月開催

日本紙類輸出入両組合
「紙類貿易研修会」in東京港


日本紙類輸出・輸入両組合では、平成30年度事業の一環として、昨年に引き続き共催で、「東京港湾施設研修会in東京港」を9月12日に実施した。我が国のハブ港化計画の中心をなす東京港最新施設の研修会で、東京港湾施設の海上及び陸上からの施設研修、並びに東京ミナトリエでの研修など同両組合ならではの豊富な内容であった。

紙袋8月の出荷・販売】
重包装は前年比2%の増加
角底紙袋販売は前年比微減


全国クラフト紙袋工業組合(白石忠信理事長)、日本角底製袋工業組合(齊藤了介理事長)両組合は、このほど平成30年8月度の生産、販売(出荷)、原紙使用高等について、さらに本年1月からの累計についてもまとめ発表した。

【ニューロンググループ】 
揺るぎない経営基盤で新世代へ
故・近藤恭弘前会長お別れの会

日印産連
第51回GP認定委員会開催
GP50工場、GP資機材3製品認定





NEWS新着情報

2018年9月5日
ホームページをを更新

バナースペース

our client