過去の雑記を月毎にまとめたページです。ギャラリーに間借中。
 

ギャラリーのトップ
最新の雑記置場



 
 2006年8月23日

 
 ここを見ていただいている方々は今回のコミケはいかがだっただろうか。さぞ有意義な時間を過ごされたこととお慶び申しあげマス。
 当方においては、コミケに行きたかったのだが行けなかった。更にはもりしげる研究所の明さんに迷惑をかけたりと少し残念方面に振れてしまった。

 まぁしかしだ、悔やんでばかりでは芸がないので、前を向いてあれやこれやと画策中。そのうちいくつかは形になると信じつつ。
 で、画策してる中の一つ、自身の画力アップ&客観的画力レベルの把握。これらは画策というほどのものではないが、他といずれ絡んでくるのでこう呼んでおこう。
 画力アップは数をこなすことと明確な答が既に出ている。実際、ここ2、3ヶ月は少し多目に絵を描いていて、自分では満足できるレベルには仕上がった。このペースを保つことで、画力はじわじわながら向上していくだろう。と思う。

 向上、向上といいながら自分の現在位置(身の程)を知らなければ、上がってんのか下がってんのかわからない。そこで色々なお絵かき系サイトを見て回ることにする。そうして巡り会った一つ、「ヨィヨィ」というサイトが凄かった。
 人物の描写はもちろんのこと、バックまで丁寧に描かれた作品はどれも圧巻の一言。そこの管理人さんは謙遜気味に自分の作品のことを「落書き」と呼ばれているのだが、あなたの絵が落書きなら私の絵は「殴り書き」になってしまう。貴殿、お戯れが過ぎますぞ。
 そのサイトは個人運営で、管理人さんは同人活動をされていないご様子。そして、お絵描きキャリアは、まだ3、4年とのこと。この点だけは私と同じである。でも、他が違いすぎるんだけどね。

 あー、世の中広いなぁ、凄い人がいるんだなぁと溜息が漏れたと同時に、少しへこんだ。自分のレベルが思っていたより激しく下であることに気がついたからだ。
 しかし、自分のレベルというか身の程を把握できたことはよかったと思う。今後自分のやるべき事が明確になったし、大いに刺激も受けた。ただ、崩れ去ったものはそれなりに大きかったのだが・・・。

※上記サイトさんとはお付き合いがないのでリンクは張っていません。是非見てみたい!と思われた方は、サイト名「ヨィヨィ」で検索して下さい。

 2006年8月10日

 
 明日、8月11日(金)より東京ビッグサイトにてコミックマーケット70が開催されたりなんかする。私は一度も行ったことがないのでどんな雰囲気かはよくわからないが、聞くところによるとかなり混雑する“熱い”イベントらしい。
 人気のあるサークル(大手さんていうのかな)のブースでは、その作品を求めて長蛇の列ができるとか。そうまでしても、目的の本が手に入れられない人がいたりいなかったり。
 コミケ70といえば、雑記の上にある告知コーナーにもあるように、当サイトが普段からお世話になっている海猫明さんのサークル、もりしげる研究所さんが参加されマス。参加日&ブースアドレスはコミケ3日目の

8月13日(日)東3ホール/エ−51a

 今回は諸事情によりコピー本の販売となるそうで、いつもより発行部数が少ないとのこと。会場では早々に完売してしまうことが予想されるので、お求めご希望の方はもりしげる研究所さんのブースまで急いでいただきたい。なお、今回のコピー本には私もちょこっと参加させてもらっている。どんなのを描いたか興味のある方は会場にてご確認くださいマセ。

 2006年8月8日

 
 報告やら謝辞やら、ここでやらなくてはいけないことが出来ずにいる。山積している。
 最近、食後横になっていると気を失うように朝まで寝てしまうことが幾度。だれている証拠である。生活態度を改めねばならない。
 一応、今後のざっくりした予定などを以下に。

・最終回を大円団で迎えた花右京メイド隊の感想の発表。これはコラム形式にて書く予定。
・用語集の追加&訂正。物語が終了したので、きっちりとこちらも完結させる。・・・予定。わからないところは関係各位に聞くかもデス。
・貴重な海外版花右京をいただいちゃいマシタ。(Many Thanks! Kojiro-san)これらの画像を順次公開予定。
・コミックス第13巻の情報を掲載。これはもしかすると最終第14巻と同時に行うかも。というか既にそのつもり。

 こんな感じで、ゆるゆるとやっていくつもりなのでよろしくなのデス。

 2006年8月1日

 
 え〜と、上のインフォメーションにあるとおり、OKEBEなメイドさんVol.6は諸事情のため冬コミにて発表されるもよう。
 ちなみに文頭の「え〜と」は8月の8とかけているわけではない。念のため説明まで。なんか以前もここ雑記で同じようなこと書いた気がするなぁ。て言うか、英語で8月はAugustと呼ぶのが普通だっけ?だったら全然8と関係ないじゃん。
 …どうでもいい記述は置いとくとして、OKEBE6を早く読みたい〜!なんて思ってたから、それの発表が次回コミケにスライドするのは少しばかり残念。でも発表されない訳じゃないので、過度に悲観する必要はなさそう。楽しみは先に取っておくと考えればいいのだから。
 ところで、インフォメーション中、もりしげる研究所の海猫明さんがお書きのように、OKEBE6の代わりに発表される「OKEBEじゃないメイドさん」には、ワタクシ管理人のイラストも掲載される予定デス。そしてそれを今描いてマス。一応普段通りのクオリティを目標に鋭意制作中。明さんの足を引っ張らなければいいのだが…。それだけが今から心配。
 ま、不具合があっても明さんが何とか上手くごまかしてくれるだろう!はっはっはっ!!(←仲間に入れると、必ず足を引っ張る奴)

 2006年8月1日 その2

 

 葉月、八月、皆様におかれましては、暑気に参ってなどおられないだろうか。テンション高まりまくる夏真っ盛りである。こんな時は炎天下、汗をダラダラかいて、渇ききったところに氷結寸前のビールでカンパーイ!サイコー!!などとオッサンくさいことも書きつつ気分を盛り上げて、今月を乗り切りたい。

 さて、今月のトップ絵。グレースである。ロケーションは地中海気候も清々しい(のか?)ギリシアのどこか。白く塗られた壁と青い空のコントラストが印象的な風景。イラストに描いた建物は教会で、結構有名なのか写真作品になっているのをよく見掛ける。一度くらいは目にされた方も多いのでは?
 個人的にはとても好きな風景で、死ぬまでに一度はそこに立ち寄ってみたいと思っている。
 空や建築物の屋根の濃いブルー。実は私の一番好きな色だったりする。昔、ポスターカラーのコバルトブルーを初めて見た時の感動は今でも忘れられない。こんな綺麗な色があるんだなぁと感じたものである。今ではコバルトブルーの青さ加減が多少あざとく感じるようになって、もう少し濃い目の青がストライクゾーンに変化した。
 で二番目に好きな色は濃いワイン色で…て、これ以上、色に萌えてどうするのかと。
 …グレースである。彼女は今年4月以来の登場。気分的には隔月ペースでグレースに登場して欲しいくらいの勢いだが、そんな訳にもいかない。多少なりとも描く物にはバリエーションをもたせて、自身の技量向上に勉めたいからだ。とは言うものの、もりしげキャラだけを描いてて、バリエーションも何もなさそうだが…。
 服装は夏らしく、リゾートらしくをテーマにネット上であれこれ検索。レースやリボンがポイントのトップスとボトムをチョイスした。サンダルはbis(元JJ-bis)から適当に描き易そうなのを見繕う。
これらは一応、今年の新作らしいので、どこかで見掛けることもあったりして。
 ところで今回のグレースを描くにあたって、少し困ったというか悩んだことが一つ。それは髪形である。
 普段彼女は軽くウェーブしたロングヘアをアップにしてキャップの中に隠している。だから外から見えることはない。一方、同じ体を共有するシンシアはキャップから髪を出している。このヘアスタイルの違いは彼女達なりの自己主張なのだろうと勝手に推測している。
 で、グレースが髪をアップにしているのはいいとして、どんなふうにまとめているのか。今回のイラストでは帽子をかぶらせて、普段の様にアップした髪を隠すという手もあった。しかし、どうやら最近の流行りではないっぽい。時代錯誤の変てこな服装になるのもなんなので、帽子はスパッと諦めた。
 その後、原作を何度となく見直して数カット、キャップをかぶっていないグレースを発見、そのスタイルを真似ることにした。それがイラストにも描いた、三ツ編みを後ろで巻いてまとめるアップスタイル。まぁるいフォルムの後ろ頭がちょっぴりキュートである。
これで唯一の障壁が取り払われ 、後はいつもの工程をサクサクと…嘘、ヒーヒー言いながら、人物のペイント、バックの建物の描画をこなす。
 こうして出来上がったイラストのタイトルは「Grace in Greece」。BeatlesのAbbey Road B面「Mean Mr. Mustard」、「She came in through the bathroom window」みたいに韻を踏んだ言葉遊びっぽい雰囲気にしてみた。感じ出たかなぁ?
 もしかして、今回のイラストは「ぐれーす いん ぐりーす」言いたかっただけと違うんかい!
 ハイ・・・半分以上それが理由デス。戯れ事が過ぎマシタ。

 戯れなれば 遊びにて。(←意味ワカラン)

 


Copyright"Taro and Maid, and their fans" All rights reserved.


トップページ花辞苑ギャラリー掲示板(グレースちゃんねる)シナリオ風TXT書籍このサイトについて


Maid in Hanaukyo fan site. Since December 2004. 本サイトに記載されている内容の無断転載はご遠慮ください。