6)修正することに

 
悪の先輩さんに、「ペン入れする前に教えてよ〜(涙」と、意味不明な文句を言っている自分。。。  
気を取り直し、ムリヤリ修正することにします。
トーンの削りと同じ要領で、カッターナイフで原稿の表面を削り落とします。(後からトーンを乗せる事を考慮してホワイト修正は行いませんでした。)
そして、ボソボソになった原稿に、にじまないように慎重に再度ペン入れ。しかしそうはうまくいかないのです。

「・・・。見なかった事にしよう!」

このページはまだいいとして、他のページも同じマチガイをしていると思うと・・・気が遠くなるねぇ。。。(←結局他のページも全部直しましたとさ(T_T)

(文章/もりしげる研究所 海猫明)

Next→ 7)他の箇所も修正しつつ・・・