AtoZ

あ行
か行

さ行

た行

な・は行

ま行

や・ら・わ行



血の契約

読み:ちの けいやく

赤色王旗に代々受け継がれてきた掟のことを指す。それは、血縁者以外の者が赤色王旗に入団する場合、前任者を倒し、その生血を飲み干すというもの。
コノヱは正式入団試験の時初めてその事を聞かされ、しかもその相手が紫皇院ということで驚愕した。
結局、コノヱの場合は紫皇院が自らの手首を切り、滴る血をコノヱに与え「血の契約」となった。
しかし、コノヱが交わした契約は不完全なものである可能性を否定できない。紫皇院が彼女に事ある毎、自分を殺せと言うのはそれを意味しているのかもしれない。




関連用語

●紫皇院
●赤色王旗
●剣コノヱ
         

Copyright"Taro and Maid, and their fans" All rights reserved.


トップページ花辞苑ギャラリー掲示板(グレースちゃんねる)シナリオ風TXT書籍このサイトについて


Maid in Hanaukyo fan site. Since December 2004. 本サイトに記載されている内容の無断転載はご遠慮ください。