AtoZ

あ行
か行

さ行

た行

な・は行

ま行

や・ら・わ行



当主専用部屋

読み:とうしゅ せんよう べや

花右京家 屋敷内3階に存在する同家当主のためだけのプライベートな部屋。執務室とは別。50帖(本間)を軽く超える広さを誇り、彫刻を施した天蓋のあるベッドをはじめ豪華でエレガントな調度品が並ぶ。
しかし、広すぎるが故に現当主太郎は馴染むことが出来ず、6帖分の畳(江戸間)を部屋の日当たりのいい場所に敷き、その上で生活している。家財道具も円形のちゃぶ台やブラウン管式テレビなど極めて庶民的。寝る時もベッドは使わず、ふとんを敷いて寝ている。これは、屋敷に来るまで母親と二人で質素に暮らしていたからと推測される。
人間、長年染み付いた生活習慣というのは簡単には変わらないらしい。



(雑)畳のサイズ比較
本間(京間・関西間)幅95.5cm×長さ191.0cm
江戸間(関東間)幅88.0cm×長さ176.0cm




関連用語

●当主
●花右京家
●花右京太郎
         

Copyright"Taro and Maid, and their fans" All rights reserved.


トップページ花辞苑ギャラリー掲示板(グレースちゃんねる)シナリオ風TXT書籍このサイトについて


Maid in Hanaukyo fan site. Since December 2004. 本サイトに記載されている内容の無断転載はご遠慮ください。