AtoZ
あ行
か行

さ行
た行

な・は行

ま行

や・ら・わ行



シンシア・ランドラヴィジャー

読み:しんしあ らんどら\x88hぃじゃー

情報部所属のメイド。花右京メイド隊の中では最年少の10歳、非常に無口な少女。
IQ200の頭脳を持つ天才児で赤ん坊の頃よりその知能の高さを表すが、それが両親の対立を招くことになる。結局、両親の亀裂は埋まることはなく、親元を離れることに。その後、有名な学者に預けられ、6歳でアメリカの名門大学MITに入学。
しかし、大学内で起こった悲劇により、別の人格“グレース”が彼女の中で生まれることになる。それからは、年相応の少女としての一面はシンシアが、天才児としての一面はグレースが担うようになった。
シンシアグレースは、片方の睡眠中に夢の中で話したり遊んだりして意思の疎通を図っている模様。
現在は情報部のメイドとしてよりも太郎マリエルの側にいることが多い。ほとんど 太郎付きのメイドのような存在になっている。それが実際の太郎付きのメイド、八島から「シンシア先輩」と呼ばれている理由。裁縫、お菓子作りが得意で フェンリルの世話も担当している。
コノヱフェンリルを猫可愛がり(可愛がり?)する姿を目撃したことのある数少ないメイドの一人。その時、コノヱに向けた意味深な笑みは、彼女を涙ながら狼狽させるに余りある力を秘めていた。




(補)シンシア・ランドラヴィジャー プロフィール
年 齢/10歳
誕生日/12月8日(射手座)
身 長/128cm
体 重/25kg
3サイズ/不明
血液型/AB型
好きな食べ物/チェリーパイ
嫌いな食べ物/納豆
趣 味/お菓子作り
出身地/アメリカ合衆国



Copyright"Taro and Maid, and their fans" All rights reserved.


トップページ花辞苑ギャラリー掲示板(グレースちゃんねる)シナリオ風TXT書籍このサイトについて


Maid in Hanaukyo fan site. Since December 2004. 本サイトに記載されている内容の無断転載はご遠慮ください。