AtoZ

あ行
か行

さ行

た行

な・は行
ま行

や・ら・わ行



墓参り

読み:はか まいり

太郎の亡くなった母親の墓は、彼が生まれ育った地に存在する。東北地方のどこかという事であるが詳細については不明。海沿いののどかな町の小高い丘の上に、海を望むかたちでその墓は建てられている。
太郎花右京家当主となってから初めての墓参りコノヱを連れていった。最初はっきりと目的を伝えなかったが、最後に母親の墓を参りそれが本来の目的であったことを彼女に悟らせた。



(補)
墓石の文字は「花右京家之墓」。その表面は海から吹く潮風のせいか、太郎の母が亡くなってから建てたにしては風化が進んでいるようにも見える。
風化が潮風だけで進んだのでないとすると、この墓は花右京家代々の墓という可能性も出てくる。謎に包まれた存在、花右京北斎の正体をあばく鍵がこの墓や土地に隠されているかもしれない




Copyright"Taro and Maid, and their fans" All rights reserved.


トップページ花辞苑ギャラリー掲示板(グレースちゃんねる)シナリオ風TXT書籍このサイトについて


Maid in Hanaukyo fan site. Since December 2004. 本サイトに記載されている内容の無断転載はご遠慮ください。