AtoZ

あ行
か行

さ行

た行

な・は行
ま行

や・ら・わ行



ボール君

読み:ぼーる くん

しんぱん君と同じく、メイド隊各部署の予算獲得ソフトボール大会のためにイクヨが開発した発明品。技術部の第一回戦、太郎マリエル八島シンシアが助っ人として参加する囲碁部戦でその牙を剥いた。



(補)
 ボール君を駆使してイクヨの右腕から繰り出される「イクヨッチボール」は、八島ですらバットにかすることも出来ない。ボールに細工されていると気付いた八島は審判に抗議するが、その審判が「しんぱん君」ではのれんに腕押し。完全に無視されてしまう。結局、三振に仕留められた。

 八島の苛立ちをよそに絶好調のイクヨ。このまま最終回まで三振の山を築くかと思われていたが、太郎の勝ちたいという気持ちがマリエルの“スイッチ”を入れた。

 マリエル相手にも容赦しないイクヨはイクヨッチボールで襲い掛かる。恐ろしい角度で投げ込まれるボール君。常人には打ち返すことは無理だ。

 しかし、マリエルはそれに臆することなくフルスイング。ジャストミートされたボール君は、イクヨの頭上を超えて場外へ飛んで行き、星となった。

 ボール君を失いグダグダになった技術部を撃破して、囲碁部の快進撃がここに始まった。




関連用語

●しんぱん君
●鈴木イクヨ
●ソフトボール大会
         

Copyright"Taro and Maid, and their fans" All rights reserved.
December 16, 2004 revised.



トップページ花辞苑ギャラリー掲示板(グレースちゃんねる)シナリオ風TXT書籍このサイトについて


Maid in Hanaukyo fan site. Since December 2004. 本サイトに記載されている内容の無断転載はご遠慮ください。