AtoZ

あ行
か行
さ行

た行

な・は行

ま行

や・ら・わ行



黒髪のマリエル

読み:くろかみの まりえる

地下屋敷内に飾られていた肖像画のモデル。マリエル本人がモデルではないと思われるが、髪の毛の色以外は彼女に酷似していた。
地下屋敷やそれの存在する地下未確認エリア自体が警備部ですら把握していなかった物だけに、肖像画自体も謎の存在である。



(補)
 泉キョウジによる花右京家への復讐が始まり、屋敷が炎に包まれる。

 充満する煙に苦しむ太郎。コノヱはまだ煙の回っていない地下未確認エリアに彼を連れて行くことを決意する。自ら封鎖したあのエリアに。

 地下屋敷を見て驚きを隠せない太郎を、コノヱは事態が落ち着くまで出で来てはいけないとその中に閉じ込める。自らの責任なのに、何故自分なんかを守るのかと問う太郎に、何も言わず心の中で「それは、あなただからです。太郎様」とコノヱ。

 自分の不甲斐無さを悔い、膝を付き嗚咽する太郎に背後から妖気が忍びよる。それに気付き振り向いた彼の目に入ってきた物、それは優しい微笑みをたたえた黒髪の“マリエル”だった。

 何故ここにマリエルの絵が、何故黒髪なのか、そもそも“彼女”は本当にマリエルなのか・・・。

 混乱する意識の中で、太郎は信じていたもの全てが崩れ去る感覚に囚われるのだった。




Copyright"Taro and Maid, and their fans" All rights reserved.


トップページ花辞苑ギャラリー掲示板(グレースちゃんねる)シナリオ風TXT書籍このサイトについて


Maid in Hanaukyo fan site. Since December 2004. 本サイトに記載されている内容の無断転載はご遠慮ください。