AtoZ

あ行
か行

さ行

た行

な・は行

ま行

や・ら・わ行


おしるこ

読み:おしるこ

(1)冬、太郎らが屋敷の庭で雪合戦をした後、マリエルおしるこを振舞った。自分の味付けに自信が持てないマリエルコノヱに作り方を教えてもらうことに。
おしるこに使う餅はコノヱからの依頼で八島が担当。その時、八島イクヨの作った発明品“全身マッサージもみもみ君”を無断で使い暴走させ、屋敷内を餅まみれにしてしまう。
コノヱの力でなんとか騒ぎは収まったものの、食べきれない程の多量の餅が出来上がることに。その後、それは全ておしるこにされ、八島イクヨが責任を取らされる形で食べることになった。

(2)恐らく太郎の好物。コノヱを伴って母親の墓参りに行った時は、思い出の甘味屋で10数杯のおしるこを平らげていた。



(雑)「おしるこ」と「ぜんざい」
おしるこ(お汁粉)」と「ぜんざい(善哉)」。どちらも甘く煮た小豆と餅がメインの和風の汁物デザートである。その違いは実のところはっきりしていない。
(1)こしあんに白玉が入ったものが「おしるこ」で粒あんに焼いたりした餅が入るのが「ぜんざい」という説。
(2)小豆を使った汁物全てが「おしるこ」で、その中で粒あんプラス餅の物が「ぜんざい」という説。
(3)小豆と餅の汁物デザートは関東が「おしるこ」で関西が「ぜんざい」という多少乱暴な説。
と、大体こんな感じである。




Copyright"Taro and Maid, and their fans" All rights reserved.


トップページ花辞苑ギャラリー掲示板(グレースちゃんねる)シナリオ風TXT書籍このサイトについて


Maid in Hanaukyo fan site. Since December 2004. 本サイトに記載されている内容の無断転載はご遠慮ください。