結果発表

 TOPページへ

タイトル  調査票を開く   4/4
調査の概要
調査結果1
調査結果2
調査結果3

コンビニエンスストアのイメージ 「コンビニエンスストアの利用について」

コンビニエンスストアの知名度

    ローソンの知名度が高いのは、全国展開が進んでいる印象を受けました。セブンイレブンは東北・中部・山陰で、知名度が低いようです。
    サークルKは中部での知名度は非常に高いのですが、それ以外では、まだまだ知られていないようでした。

各コンビニエンスストアに対するイメージ

以下の各コンビニエンスストアに対するイメージで

『全体』とは、全回答者から「よく知らない」と回答したサンプルを除いたものを100%として算出したもの

『該当店をよく利用』とは、【よく利用するコンビニエンスストア】の質問で、該当のコンビニエンスストアを選択した回答者の答えを集計したもの
    各店の集計数
    全体
    除く「知らない」
    該当店を  
      よく利用
    セブンイレブン
    2918
    2168
    ローソン
    3246
    2412
    ファミリーマート
    2650
    1794
    サークルK
    1270
    608
    デイリー・ヤマザキ
    1630
    494
    サンクス
    1694
    707
    ミニストップ
    1647
    612

 

 

 

 

 

 

目立つものとしては、
「弁当がおいしく品揃えが豊富な」 セブンイレブン
「CMがよく知名度が高い」 ローソン
「新鮮な商品があり進んでいる」 ミニストップ
となるでしょうか。

特にミニストップは、知名度は低いものの、評価が全般的に高い(特に利用者)ことが注目されます。
4月の売上高(速報ベース)唯一、既存店で前年同月比1.0%のプラス成長を維持したのが、ミニストップで、「欠品による機会ロスの削減に全社で取り組んだ」ことが結果としてあらわれているようです。
3ページへ1ページへ


全項目の基本数表(地域別・ライフステージ別集計)とグラフ(A4約100ページ)
  ご希望の方は実費(\4,000)にてお領けします。
  細かなDATA(csvファイル)やオープン意見等もご相談に応じます。詳しくはメールにてご連絡ください。
  但し個人を特定できるDATAはお出しできませんのでご了承ください。


インターネットアンケートのページへ     TOPページへ    株式会社 データーサービス
2001年調査結果へ