このコーナーでは、野尻湖での四季を通じたスモールマウスバスの食性と、ルアー

やフライでの狙い方を紹介していきたいと思います。 ただし、食性はともかくとし

て、魚は年々、学習しスレてくるため、ここで紹介する狙い方は、あくまで参考として

ください。 また、ラージマウスを釣りたい方は、斑尾にある希望湖や、他の野池の

ほうが適していると思われます。

『春』 野尻湖の解禁は、例年4月の25日ですが、この時期は通常まだ水温が低

く(この地域の河川は、4月いっぱい大量の雪代が入り増水します。)主食となるワ

カサギも、まだ深場のボトムに付いている事が多く、ルアーでのヘビーアンダーショ

ットリグなどで、ワカサギの付き場を探っていくのが有効です。 年によっては、5月

の連休あたりからワカサギが産卵のため、シャローに集まりだします。 そうなると

ルアーでは、3インチ以下のストレートワームのノーシンカーリグや、フライでは#6

〜#8のゾンカーやフェザーウイングストリーマーなどが有効になってきます。

また、魚の活性が低い場合は、#8〜#12くらいのMSCや、ウーリーバガーを

使ったルースニングの釣りが最も効果的です。 いずれの場合も使用するラインは

5ポンド以下がお勧めです。 5月の下旬から6月の中旬にかけては、スポーニング

がらみで、バスの活性が1年のうちで最も高くなる、最高のシーズンです。

この時期、魚はドライフライにも反応を示すようになります。 手堅く釣りたいのなら

#8〜#10くらいの浮力のあるドライフライに、MSCなどのトレーラーをつけた

ドロッパースタイルが良いでしょう。 また、ルアーでは超小型のトップウォーター

プラグをBOXに忍ばせておいて損はありません。 ただし、この時期は風の強い

日も多いので、ライントラブルには注意しましょう。

『夏』 7月に入ると、釣り人の数は少なくなってきますが、魚もかなりスレてきてい

ます。 特に、シャローに出てきている魚は、かなりシビアです。 また、雨の多い

時期でもありますので、 狙い方としては、雨で河川からの流入が多いときには、

まず菅川などの流れ込みをチェックしてみましょう。 雨水と共に、沢山のエサとなる

昆虫やエビ、カエルや小魚などを狙って、きっとバスの姿も確認できるはずです。

また、濁りが入っている時には、魚も警戒心が薄れアクティブにエサを追うので 

絶好のチャンスです。 こんな時には、小型のポッパーや、#8くらいのバスバグ

なんかも試して見たくなります。 

梅雨明けとともに、本格的な夏のパターンになります。 ルアーで狙うなら、早朝

や夕刻を除いて、ディープな釣りをしないと結果は、望めません。 フライの場合、

シビアではありますが、楽しい時期でもあります。  日中は、魚を見つけての

サイトフィッシング、夕刻にはライズの釣りが楽しめます。 勿論、ドライフライが

中心になりますが、サイトフィッシングの場合、ドライだけでは厳しい状況も多々

ありますので、そんな時にはウェットビートルやシュリンプパターンが有効です。

最近ではこの時期、#12のフライをメインで使用しています。

『秋』 9月になると、この地方では秋の風を感じるようになり、朝夕は肌寒く

なってきます。 日中は夏のパターンで釣りができても、朝夕はドライフライには

あまり反応しません。 また、中旬をすぎるとベイトフィッシュと共に、バスも深場

に落ちていくため、フライではかなり難しくなっていきます。 ただ、来れば型が

いいのも秋の特徴ですので、釣り人も少なく大物狙いには最適です。

ルアーでは、早春のパターンと同じような感じになるので、ベイトフィッシュの群

をいかに見つけるかが、ポイントになるでしょう。

以上、参考になりましたでしょうか?

野尻湖は、クリアレイクですので魚がスレてくるのも早いため、人が使っていない

ルアーやフライを試して見るのも、良い方法です。

また、スモールはラージと比べて、泳ぎも速く、目も良いためトラウトのように回遊

しながら小さなエサを拾い食いします。

ラージしかやったことのない人には、難しく感じるかもしれませんが、あの強烈で

スピードとトルクのある引きを一度味わったら、ヤミツキになってしまいます。

あなたも是非一度、トライしてみてください。

それでは、 GOOD LACK !!