ホタル・飼育・手賀沼・釣り
オランダシシガシラが仲間入り

 らんちゅうの数が病気のため減ってしまいましたが、新たにオランダシシガシラが仲間入りしました。オランダシシガシラは、らんちゅうより飼いですまた、らんちゅうは、動きの速い魚と一緒では共存が難しいようですが、オランダシシガシラであれば、同じ水槽で飼育しても大丈夫。。
飼育環境
平成13年 6月28日

 
孵化して約1ヵ月半の稚魚をいただきました。体長2cm、全長3cmくらい。
オランダシシガシラは、大変美しい品種で、飼育の仕方によってはかなり大きくなり、体長が30cmに達するものもあるそうです。リュウキンに肉瘤が発生したものが本種であるが、リュウキンよりも細長く、体高が低い。頭がやや長い。肉瘤は、頭頂部に発達する。ひれは長く、尾びれは三ツ尾、サクラ尾、四ツ尾、リボン型とフサ尾型がある。   (参考文献:標準原色図鑑全集17 熱帯魚・金魚)
平成13年 8月 4日 平成13年 8月 9日


3匹中、一番成長が早い1匹だけやっと色がかわり、うすいオレンジ色になってきた。腹部から徐々に変化するようである。背中はまだ黒っぽい。
思ったより変化し始める時期が遅かったが、変わったものは体長3.5cm,全長5.0cm位。
平成13年 8月 13日 平成13年10月11日

ヒレ以外はほとんど色が変わった。

3匹中2匹は完全に色が変わった。写真は、一番大きなもので、体長4.5cm、
全長7.0cmくらいである。   
        

 らんちゅうのページへ