ホタル・飼育・手賀沼・釣り
釣行記録

2001年の釣行 H13.1〜
                     平成13年6月23日鹿島港新浜岸壁
 これまで鹿島が今一歩だったので、釣行場所をどこにしようかと悩んでいたが、鹿島での好釣果の声が聞かれるようになたので、今回も友人と鹿島へ向かった。
場所は、北新堤の隣の岸壁。午後3:30頃到着。初めて行く場所だったので、まずは鹿島灘漁港も含めてすでに来ている人たちの状況を確認。釣れそうな雰囲気に期待も高まったのだが、実際に見て歩くと魚より人のほうが多いように思えた。
4:30頃から釣りを開始。最初に友人がアイナメを釣上げた。自分の投げ竿にもずっしりと重い感触があり、魚が見えてくるのを楽しみにリールを巻いたが、かかってきたのはエイ。次も同様にエイであった。その後2人で小さいアイナメを何尾か釣り、今回もこの程度でおしまいかとあきらめていた。太陽も沈み始めたころ、さびきで何かを釣っている人がいたので話を聞きにいったら、アジがたくさん釣れていた。さびき仕掛けに10号くらいのおもりを付けて投げ、ゆっくり巻いてくるといった方法である。「これなら餌もいらないよ。ただ、釣れるのは夕方までだね。」とのこと。あわててさびき用の仕掛けをとりに車まで走った。(かなり離れていたので苦しい!)その人を真似て仕掛けを投げたら、第1投目に5匹のアジが掛かってきた。次からは1〜2匹ずつ。30分くらいでアタリはなくなってしまったが、久しぶりに鹿島でアジの姿を見ることができうれしく思う。もう少しはやくこの方法を教えてもらえば、かなりの数を釣上げることができたのでは・・・。8:00頃に漁港の方へ移動。ここではイワシが釣れた。

 2人で、アイナメ5、アジ32、イワシ5、エイ2であった。
                        平成13年6月9日鹿島港公共埠頭
 懲りずに今回も鹿島港へ行った。
風が強く、釣り人の数も少なかった。(釣れないからかも・・・。)いつもなら竿を出せるスペースを探すのが大変なのに、今回はどこでもOKというくらい空いていた。
隣の人(隣といっても50Mくらい離れていた。)が「大きなカレイを釣った人を見たので、もう少しやってから帰ろう。」と言っていたので、少し期待してしまったが、やはり釣果は前回とあまり変わらなかった。
5:00PM頃から8:00PMまで竿を出してメバルが3匹。小さいのでリリース。
                    平成13年5月26日 鹿島港アンモニア岸壁
 
今回は午後7:30分くらいから開始。友人も同行した。場所はアンモニア岸壁。前回同様、良い成果は得られなかった。
すでにここで釣っている人に様子を聞いても今一歩のようで、帰ってきた言葉は、「全く釣れませんね。アタリが1回だけありましたが・・。」でした。また、立ち寄った人も、「鹿島港をずーっと回ってきたが、どこも釣れてないよ。これから公共埠頭の方へ行ってみる。」とのこと。
11:30頃までやって、メバル1匹というさみしい釣果でした。
                    平成13年5月5日 鹿島港公共埠頭
 4月は休日も忙しく釣行の機会はなかったが、ゴールデンウィークの後半になってやっと鹿嶋港へ行くことができた。
 午後3:30頃出発。途中で餌等を購入しながら南浜堤防、アンモニア岸壁、そして公共埠頭の様子を見てまわり、今回は公共埠頭で釣りをすることにした。さびき用の竿2本、投げ竿1本を準備し、7:00頃から釣りを開始。はじめてからすぐに50Mほど離れていた4〜5人のグループから「来たぞ!」という声が聞こえ、その後間もなく自分の竿にもアタリがあった。しかし、アジの姿を見る前に針からはずれてしまった。その後、何の反応もない。次の満潮までやろうと思っていたが、周りの人はほとんど帰ってしまい、自分も次の日のことが気になり帰宅することにした。投げ竿は、ヒトデのみ。午前1:30頃帰宅。
 久しぶりの釣りだったので釣果を期待していったが、残念な結果となってしまった。
                    平成13年3月24日 袖ケ浦港・養老側河口付近
 久しぶりに友人とともに釣りに出かけた。前回フッコが釣れた養老川へ行く予定であったが、干潮で底が見えるほどであったため、袖ケ浦に向かうことにした。
 袖ケ浦港では、午前0::00頃から釣りを始めた。いつも誰もいない場所なのに、珍しくルアーでシーバスをねらっている人が2名ほどいた。こちらは、いつも通りエサ使った釣りである。水面の動きもまずまずで、「今日は釣れる。」と期待しながら釣っていたが、まったく反応がなかった。もう少し潮が満ちてくるのを待てば釣れる可能性もあったが、友人と相談した結果、「養老川へ移動!」ということになり、結局、前回と同じ釣行パターンになってしまった。
 養老川河口付近では、午前3:00頃から釣りをした。上流へ向かう流れは前回よりも強かった。しばらくウキ釣りを行なった後、睡魔が襲ってきたので、投げ竿を2本出し、仮眠をとることにした。4:30頃、竿先の鈴が鳴ったような気がして目がさめる。竿に近づいたときは竿に動きはなかった。リールを巻くときも始めは軽く、「鈴の音は夢だったのか!?」と思ったが、2本の竿それぞれに、43cmと48cmのフッコがかかっていた。
                     
                        フッコ43cm・48cm
                   平成13年3月10日 袖ケ浦港・養老側河口付近
 午前2:00から袖ケ浦でフッコをねらう。エサは、アオイソメ。水路でねらったが、アタリなし。ウキは流れていくが、水面が穏やか過ぎる。(釣れるときは、やや風があったり、水面に動きがある。)
 午前4:00に養老川河口付近へ移動。まだ潮が満ちている状態で、ウキは上流へゆっくり流れていった。空が明るくなり始めた頃、待望のアタリが来た。

            
  フッコ51cm

ぜひ、あなたの釣果記録や釣り情報をお知らせください。。